輸送関連
ロサンゼルス港のコンテナ取扱量、11月も前年同月比20%減で8月以降4ヶ月連続減少傾向。

11月も10月に引き続き、ロサンゼルス港のコンテナ取扱量は前年同月比20%減 アメリカの物流の指標となるロサンゼルス港のコンテナ取扱量ですが、ロサンゼルス湾岸局の発表によると11月も前年同月比で21.21%下落していまし […]

続きを読む
輸送関連
2023年2月の各向け地への輸出状況

2023年もアフリカや、中東エリアへの輸送が堅調です! 2023年も昨年から続くロシア、ウクライナ情勢にともなって、ロシア向けの輸送は非常に困難です。ウラジオストック向けのサービスもございますが、貨物の遅延等起こることが […]

続きを読む
輸送関連
主要船社の新造船発注残から今後の運賃を予測する

船腹数が増えれば運賃は下がる!? 輸送運賃はさまざまな要因で決定されますが、シンプルに考えるとスペースに余裕があれば運賃は下がり、余裕がなければ運賃は上がると考えられます。このスペースの有無は貨物需要と船腹量と配船スケジ […]

続きを読む
輸送関連
日本の港別コンテナ取扱量を振り返る(主要5港)

日本の主要5港のコンテナ取扱量はこの10年で大きな変動見られず 日本湾岸協会のHPで公開している「コンテナ貨物量上位100港一覧」より、日本の主要5港の過去10年のデータを抽出してグラフにすると以下のようになります。 こ […]

続きを読む
輸送関連
2023年1月の各向け地への輸出状況

2023年1月も東南アジア地方向けの輸送が人気です! 引き続き、ロシア、ウクライナ情勢にともなって、ロシア向けの輸送は困難を極めておりますが、ウラジオストック向けのサービスは問題ありません。主要貨物は「中古車」となってお […]

続きを読む
輸送関連
利上げの影響!?ロサンゼルス港のコンテナ取扱量、9月に引き続き10月も前年同月比20%減

8月、9月に続き10月も前年同月比で減少傾向でした アメリカの物流の指標となるロサンゼルス港のコンテナ取扱量ですが、ロサンゼルス湾岸局の発表によると9月に引き続き10月も前年同月比で大きく下落していました。 ■ロサンゼル […]

続きを読む
輸送関連
ロサンゼルス港のコンテナ取扱量は9月も前年同月比割れ

8月に続き9月も前年同月比で見ると減少している 2022年7月には過去同月比で最高のコンテナ取扱量であったロサンゼルス港ですが、8月に続き9月も前年同月比で見ると減少していました。 ロサンゼルス港湾局公表のデータによると […]

続きを読む
輸送関連
2022年12月の各向け地への輸出状況

12月も東南アジア地方向けの輸送が人気です! 引き続き、ロシア、ウクライナ情勢にともなって、ロシア向けの輸送は困難を極めております。その分、アフリカや、中東エリアへの輸送は堅調となっております。中央アジアへは中国鉄道が慢 […]

続きを読む
輸送関連
シンガポール港のコンテナ取扱量の推移を見る

シンガポール港が世界第1位に返り咲く日は近い!? 近年、世界のコンテナ取扱量の上位10港を見るとほとんどは中国の港であり、中国が最大の貿易大国であると言えます。そんな中でコンテナ取扱量世界第2位を確保しているのがシンガポ […]

続きを読む
輸送関連
ロサンゼルス港の月次コンテナ取扱量の推移

ロサンゼルス港の外貿コンテナ取扱実績からコロナ禍の影響を見る 米西海岸の最大のコンテナ港であるロサンゼルス港。今回はロサンゼルス港湾局が発表している月次の外貨コンテナ取扱量をグラフにして、コロナ禍や労使交渉時等、どのよう […]

続きを読む